2013年02月03日

ネバネバの代表格、納豆で疲労回復

tora

疲れたときにはネバネバ、ネバネバといえば納豆です。
そんな納豆をアレンジしたレシピを一つ。


スポンサーリンク



納豆は健康食品の代表格、豚肉と同じくビタミンB1が含まれ、疲労回復にも効果が期待できます。
コスト的にも、栄養的にも、豚肉より取り入れやすいと思うのですが、あのネバネバやにおいが苦手という人が結構多いんですよね。
だから、納豆を取りいれたレシピは、水洗いなどをしてネバネバを取り除いたものが多いんですが、水洗いするとせっかくのビタミンB1が、水に溶け出してしまいます。

ネバネバそのものも重要で、血糖値を下げ、カルシウムの吸収をよくするムチン、頭の働きを助けるグルタミン酸が含まれているのです。
したがって、納豆をアレンジする際には、水に流さない事が重要なんです。

そこでお勧めしたいのが、納豆味噌汁(納豆汁)です。
作り方はとても簡単で、味噌汁の具に納豆を入れるだけ。
ネバネバもなくなりますし、匂いも抑えられます。
そして、入れる前の納豆は良く混ぜておくことでうまみが増します。

自分も良く食べますが、簡単でおいしく、本当にお勧めです。
味噌汁そのものの効能については、先日の記事ご飯と味噌汁で疲労回復に書いていますが、それに加えて納豆のメリットがプラスされるのです。

疲労を回復する、疲れにくい体を手に入れる確実な方法は、日々の習慣・食事を確実に良い方向に変えていくことです。
一気に何もかも変えようとしても難しいし、続きません。
簡単に思えることでも、ひとつずつ積み重ねて、健康な生活を送りましょう。


スポンサーリンク

posted by マツ at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物で疲れを取る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。